1. HOME
  2. > ボード製品
  3. > HLS製品ボード(マスタボード)
  4. > 開発支援ソフト ASSIST-HLS

ASSIST-HLS ダウンロード無料

ASSIST-HLSは、HLSマスタボード用のGUI型開発支援ソフトです。
HLSマスタボードとスレーブボードを接続して本ソフトを使用することにより、画面上でHLS通信状態の監視やスレーブの
入出力状態を簡単に操作することができます。

ASSIST-HLS for HLS-36USB


対応製品

マスタPCIExpress マスタPCI マスタUSB
HLSB-36PCI-LP HLS-36USB
詳細 HLSB-36PCIEXP 詳細 HLSB-36PCI1 詳細 HLS-36USB

特長

  • ●MKY36内のレジスタやメモリを意識することなくHLS通信が可能です。
  • ●スレーブを接続して、通信状態やシステムのデバッグに利用できます。
  • ●シングルスキャンにも対応しているので、システム開発時での動作確認も可能です。
  • ●HLS通信のSTOP/STARTが容易にできます。
  • ●必要なスレーブユニットのI/O状態だけを画面に表示できます(表示の大きさ変えることができます)。
  • ●ハブにも対応しています。

ASSIST-HLSの動作環境

最低動作環境 推奨動作環境
OS Windows 10 (64bit/32bit) / Windows 8.1 (64bit/32bit) /
Windows8 (64bit/32bit) / Windows7 (64bit/32bit)
メモリ 32MB 128MB
HDD空き容量 10MB 以上

ダウンロード

【 注意事項 】

  • このソフトウェア及び、付属の各ドキュメント類の著作権は弊社にあります。利用者がこれらの配布物の一部または全部を、複製および再配布することを禁止します。
  • 弊社は、このソフトウェアの使用権を利用者に許諾するものであり、このソフトウェアのあらゆる権利は弊社にあります。
  • このソフトウェアの使用により、何らかの損害が生じた場合においても、弊社は一切責任を負いかねます。
  • このソフトウェアには、弊社提供の専用ドライバが必要です。最新のドライバをダウンロードし、インストールしてください。
    最新のドライバは「ダウンロードページ」または、対象製品の紹介ページよりダウンロードしてください。

上記の【注意事項】に同意し、ASSIST-HLSをダウンロードしてください。


ASSIST-HLS Ver.1.0.2 [59.8MB] <無料>



ASSIST-HLSのセットアップ方法

ダウンロードしたファイルを解凍してください。
解凍したファイル内に存在する「assist_hls_setup.exe」を実行し、画面の指示に従いセットアップしてください。
正常にセットアップが終了すると 、スタートメニュー→すべてのプログラム→HLS-36USBに「ASSIST-HLS for ALL BOARD」が追加されます。 アンインストールは、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」からアンインストールしてください。